【公式】デュエルエクスマキナ(DUELS X MACHINA)最速攻略wiki

【公式】デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)の最速攻略wikiです。

開発メンバーが語る、この1枚!(第一回:霊竜 オーラドラゴン)

はじめに

デュエル エクス マキナを遊んでいただいている方も、これからだよという方も、こんにちは!
開発チームのAKIです。

2016年冬、DTCG(デジタルトレーディングカードゲーム)がどんどん盛り上がってきていますね! カードゲームにはたくさんの魅力がありますが、その主役はもちろん、多種多様なカード。この記事を読んでいるあなたも、思い出のカードがあるのではないでしょうか?

この記事では、あなたが「デュエル エクス マキナ」でお気に入りの一枚を見つける手がかりとして、おススメカードを紹介していきます!

第一回の主役は、「霊竜 オーラドラゴン」です!

「オーラドラゴン」、その魅力

ドラゴン。

ファンタジーでは必ず登場する強力な幻想生物で、ほとんどのカードゲームに登場しています。
デュエル エクス マキナの「オーラドラゴン」も、強大な力を秘めたユニットとして、あなたの力になります!


※タップすると大きい画像を表示します。

「オーラドラゴン」の最大の魅力は、なんといっても「無限大の力」を秘めていることです!
そのスキルは、「他の自ユニットが場に出たとき、ATKとHPを+1する」。
基本のパラメータは「ATK2・HP2」と、5マナとしては物足りないものですが、後続のユニットによってすぐに強化されていきます。

正確には「無限大」ではなく、デッキ枚数の上限というハードルがあるのですが・・・

「オーラドラゴン」を活かす4つの方法

「オーラドラゴン」を使う上で重要なのは、いかに相手に除去させないか。

基本HP2のユニットは、ほとんどのユニットの攻撃や呪文によって処理されてしまうので、

  1. 相手ユニットがいない列に出す
  2. 「オーラドラゴン」を後列に出して、前列の壁ユニットで守る
  3. 護衛ユニットで守る
  4. 能力を複数回発動して、HPを高くする

などといった工夫が必要です。

例えば、ちょうど5マナもっているときに「オーラドラゴン」をただ出すと、相手の「ハルパーの追撃」や「ピラミッドの瘴気」などでやられてしまいますが、
8マナまで待って、「オーラドラゴン」を出した後に、他のユニットも立て続けに召喚する! という行動は、相手にプレッシャーを与えます。


「オーラドラゴン」を出した次の相手ターンで
除去されると、残念な気持ちに・・・

※タップすると大きい画像を表示します。

「オーラドラゴン」の頼れる相棒

「オーラドラゴン」のポテンシャルをより引き出すために、重要なのが後続のユニットです。

「ウルモルの歩哨」「エルフの妖精使い」のような複数のユニットを召喚するユニットや、「スライムイーター」「ベビータラスク」のような破壊されても次のユニットを召喚するユニットは、「オーラドラゴン」に力を与え、「オーラドラゴン」を守る壁にもなってくれます!



我ら、「オーラドラゴン」サポート隊!

※タップすると大きい画像を表示します。

相手に「オーラドラゴン」を使われたときは?

さて、どんどん成長してしまう「オーラドラゴン」を、対戦相手に使われたらどうするか。

「オーラドラゴン」は、除去耐性を持たないユニットなので、除去や封印などのスキルによって対処することができます。



「オーラドラゴン」もなんのその!

※タップすると大きい画像を表示します。

逆に、これらのカードがないと対処が困難になってしまうので、除去の使いどころも重要なポイントです!

「オーラドラゴン」ライフをお楽しみください!

本記事では「オーラドラゴン」の魅力をお伝えしました。
「オーラドラゴン」はゲームをはじめたときから持っているカードなので、ぜひオリジナルの「オーラドラゴン」デッキを作ってみてください!

いいデッキができたら、ぜひ #デュエルエクスマキナ でツイートしてくださいね!

引き続き、デュエルエクスマキナでお楽しみください!

▼DLはこちら
開発チーム AKI

【コラム】デュナミスカード名鑑
~オーラドラゴンの奇妙な食生活~

デュナミスに生息するドラゴンは、形式的に「竜」タイプとして分類されているが、実際にはそれぞれの個体が、まったく違う生物と呼べるほど、体構造も生態も異なっている。

気体のような身体を持つ「霊竜 オーラドラゴン」は、中でも一際奇妙な生態を持つドラゴンだ。

彼らは動植物を摂食せず、人や動物が放つ「オーラ」を餌とする。
オーラとは生体エネルギー「マナ」の一形態で、戦闘中など、高揚した時ほど多く放出されるものだ。

オーラドラゴンはそれを食し、栄養とするだけでなく、一時的に自らを強化させる性質を持っている。

戦いの場で彼らを見かけることは多い。
なぜなら、激しい「戦意」が発せられる戦場は、彼らにとっていい餌場だからだ。


【著】博物学者 ラムダ

最終更新 :

掲載中の画像、データ等は開発中のものを基にしているため、実際とは異なる場合がございます。

この記事のコメント(1)
新着順
評価順
コメントしよう...
コメントをもっと見る
コメントしよう...
人気の記事
最近更新した記事